明日の夢の日記
*
ホーム > ピックアップ > 通常であれば

通常であれば

任意整理というものは一般的に借金整理というふうにも呼ばれており、債権者に対し借金の支払いを継続していくことを選択する債務を整理する方法となります。

 

普通の手続きとしては、司法書士の資格を持つものや弁護士の有資格者債権者とあなたとの中に入って示談をして法によって利息の引き直しを実行して新たに計算した借金の元金についての借入利息をカットしたことにより3年前後の時間をめどに返済を行っていく借金整理の順序です。

 

任意による整理は各種裁判所といった国の機関が処理することはないのでそれ以外の選択肢と比べた場合、選択したときにおける不利益が一番小さく方策そのものが債務者に問題にならないので、メインとして比較考慮していただきたいやり方でもあります。

 

それから、債権者が街金のようなとても高額な借入金利だった場合は利息制限法という法律が明記している利息を超えて払った利息にあたっては借入元金に充てられるとみなされ借入金の元金それ自体を少なくすることだってできます。

 

つまり、ヤミ金業者といった高額な利子のところへある程度長い期間返済し続けている例では予想以上の額をカットできる場合もあり10年くらい返している例だと元金そのものが消滅してしまうこともないとは言えません。

 

借金の整理の利点とすると破産手続きとは違い一部のお金だけをまとめることが可能ですので他の保証人が関連する契約を除き整理していく際や住宅ローンの分以外だけを手続きをしていく際等においてでも使うことが可能になりますし、全ての資産を手放してしまう義務がないため貴金属や住宅などの自分名義の資産を持っていて、手放してしまいたくない状況においても有効な借金整理の方法となっています。

 

手続き後の返済金額と現実として可能な収入をかんがみて、返済が見通せるのであれば任意整理の処理を進めるほうが良いですが、破産のように負債そのものがクリアーになるというわけではありませんので、元金の合計が大きい状況の場合実際問題として任意整理の手続きを実行するのは難しいと考えるのが無難でしょう。

 


関連記事

通常であれば
任意整理というものは一般的に借金整理というふうにも呼ばれており、債権者に対し借金...
使いたくなくキャッシング
キャッシングと言われて、まず私の印象的には、使いたくなく。怖いなあ~キャッシング...
テスト
テスト記事です。...